FC2ブログ

しあわせのさがしかた

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

住宅ローンの借り換え【3】 ~借り換え効果~  

住宅ローンの借り換え 【1】  住宅ローンの借り換え 【2】に続きまして、
今回は借り換え後の効果について書いてみようと思います。

借り換え前は【1】でも書いたとおり、公庫融資(当初2,3%、その後3,5%)
と財形住宅融資5年固定(現在1,8%)の2本立てで組んでいました。
公庫:財形=5:1くらいの割合です。
当初35年で組み、途中に公庫の方を200万円ほど繰り上げ返済したため
4年短縮していました。
公庫融資の3,5%の足音が聞こえ始めたため、今回借り換えを決意したのでした。

借り換えしたのは都市銀行の固定金利選択型10年(1,35%)

今は超低金利時代で変動金利ならば1%を切っていますが、
この10年は教育費のピークを迎えていることを考えて、
少しでもリスクヘッジをと、10年固定に決めました。

そして、結果として
約380万円の借り換え効果という試算になりました。(諸費用込み)
これは今の金利でずっと行った場合なのであくまで試算です。
財形が5年固定ということ、あとは10年後の金利動向で変わってきます。

10年後と言えば長男の教育費負担がなくなっている予定(あくまで予定…ね)
変動で行けそうなら変動に切り替えようと思っています。

ここで、忘れてはいけないのが借り換えの諸費用ですね。
事務手数料、保証料、司法書士報酬等、普通抵当権設定費用、印紙税、
合わせて約55万円でした。

保証料は無料の銀行もあります。
また、面倒ですが手続きを自分で出来る方はもっと減らせるので
やりようによってはこの諸費用はぐんと抑えられるところです。

我が家は面倒なことがキライなのでもともと取引のある近くの銀行さんをチョイス。
そこは公庫の代理店銀行だったのでホントにおまかせで楽な借り換えでした。

そして肝心の月々の支払いは、借り換え前のローンが1年半後に金利上昇した時の額より
減らすことが出来、しかもボーナス払いを0にすることにも成功。

ボーナス払いで年間30万円近く払っていたのでこれが浮くとなると
本当にうれしい限り♪
給与振り込み額は今まで通りボーナスから15万×2回をこのままにして
貯めておいて1年に1回の繰り上げ返済に充てようと思います。
(ネットで繰り上げ返済は30万円以上で無料になります。)

あと、うちは借り換え前は団信料を毎年払っていました。
借り換え後は銀行が負担してくれるのでこの分が浮くことになります。
だいたい総額100万円くらいが浮いたことになるんじゃないかと思います。
正直、この支払いがないのだけでもすご~くうれしいんです♪
これもボーナスを当てにしていたので。。
この金額は試算に入っていないので実質は500万円近い借り換え効果って
コトになります。
  


   ■   ■   ■



これから10年間の固定金利の間になるべく繰り上げ返済をして元金を減らし
10年後には変動金利に出来るといいな~と希望的観測をしています^^;
そこで一括返済できると老後が楽なんだろうな~。

次男がもう少し大きくなればわたしがフルで働けるのでそれも夢じゃなくなるかな…



明日は選挙ですね!
とにかくこの不況をなんとかしてもらわないと!

政権によっては景気が上向きになってくるかも~♪



*金利差1%
*残りの返済期間10年以上
*残高1,000万円以上


以上に当てはまる方
今の超低金利のうちに住宅ローンの見直し、オススメですよん^^



     にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
     にほんブログ村





関連記事

category: 住宅ローン

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。