FC2ブログ

しあわせのさがしかた

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

電車のイライラする出来事。  

夏休みが終わって9月からはまた週5での勤務が開始しました。

昨日は朝から、というか前日の夜中からずっと続く雷で不安定な天気が続きました。
都内の鉄道は落雷で混乱しましたね。
わたしの利用するJRは雷ではなく故障で約30分遅れ、しかも大雨。
こんな時は駅が入場制限されるのでいつもより20分くらい早めに家を出ましたが
結局職場にはギリギリに到着になってしまいました。

案の定電車内はあり得ないくらいの混雑ぶり。そんなときは心を無にするのが鉄則です。

が、

昨日は心を無にするどころかフンガーーー!する出来事が目の前で起きました。

1本やり過ごしてからやっと乗れた電車、押されるがままに車内に流れ込むと、

降りる方に押されバランスを崩しそうになりながらなんとか踏ん張っている

白杖の初老の男性がいました。普段はこんなに超満員になる車両ではないので

この日は驚いていらしたと思います。

その方の目の前には優先席。

そこには20~30代くらいの健康そうな男性3人がどっかと座り、

揃いもそろってスマホいじりしているではありませんか。一人はイヤホンをつけています。

白杖の方が目の前にいようが全くお構いなしでいじりまくってます!


混雑する社内で優先席を空けておけとはいいませんけどね、

座ったからにはまわりを見て該当者がいれば席を譲る心構えってのが必要なんじゃないのかい??

まさか白杖の意味を知らないとでも言うのかい?君たちは!

そもそも優先席付近では携帯電話は電源切らないといけないんだけども!あー?



一人でフンガーフンガー


いやいや落ちつけ。人の振り見て我が振り直せだ。

自分も気付かないうちにこういうことしてるかもしれない。


子どもたちがこういう人間になってしまうかもしれない。

子どもたちにちゃんと公共のマナーを教えているか?自分。




あ~こういう時、「斉藤さん」だったら

「あんたたち!この人に席譲りなさいよーーーー!!」

って言えるんだろうな~。

結局なんにも言えなくて一人フンガーして血圧上げてるだけの残念な自分。



は~斉藤さんになってみたい

あっいや、あのままじゃトラブルになるからソフトな斉藤さんだな。
せめて席が空いたらさっとその方に「空きましたよ、どうぞ」と言えるくらいの勇気は
持ち合わせていたいな。


眉間にしわを寄せつつ揺られる目線の先には


イチローさんがユンケルをどうぞしてくれて、

妻夫木くんが一眼レフを持って見つめてくれて、

桃李くんがガムで爽やかな息を運んでくれて、、、



そんな車内広告によって癒され、なんとか気を取り直して職場へ向かうことが出来ました。
車内広告って車内のストレス軽減のためもあるんですね~、きっと。

あっ、白杖の方はわたしの1つ前の駅で無事に降りられましたよ。



最低限のマナーは持ち合わせておきたいですね。気をつけよう...。


9月からは徒歩&自転車通勤が出来る近所の職場が始まったので少し朝に時間が出来ます。
今日は午後から仕事です、がんばります!



   にほんブログ村 主婦日記ブログへ
   にほんブログ村








関連記事

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

コメント

気持ち、わかります。
電車に乗ることはほとんどありませんが、
その光景、目に浮かびます。
白杖の意味、知らないんでしょうかね。
スマホばっかりやって、一般常識っていうのが
実につかなくなってきているのかもしれませんね。

URL | ecru #S2eFIt1.
2013/09/13 20:01 | edit

ecru さんへ

ecruさん こんにちは^^

毎日のように電車に乗っているといろんなことがあるんですが
さすがに今回は、、、って感じです。
空いている車内だったらまだしもちょっとバランスを崩すと
危ない超満員電車でしたので。

その方がドアが開いた時車内から押し出されて
誤って電車とホームの間に落ちやしないかとヒヤヒヤしていました。

自分も気をつけなくてはと思う出来事でした。

URL | ゆよん #-
2013/09/17 16:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuyoon.blog.fc2.com/tb.php/234-f7a578c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。