FC2ブログ

しあわせのさがしかた

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

笑っていいとも!タモリさんに学ぶ  



笑っていいとも!が32年の歴史に幕を下ろしましたね。

32年と一口に言うのは簡単ですが、続けていくのは本当に大変だったと思います。

改めてその偉業を実感した昨日、いろいろとタモリさんから学んだことを

書きとめておこうと思います。




   +   +   +




夜のグランドフィナーレでは、

吉永小百合さんの前でおどけてみせ、笑ってくれるのを少年のように喜んだり、

終始とってもチャーミングなタモリさんでした。

続けていればいつか憧れの小百合さんに繋がるだろうと

いう企画で始まったテレフォンショッキング、

最終回でようやく念願の小百合さんに友達の輪が広がって、

顔を真っ赤にして照れながらも嬉しそうなタモリさんを見ることが出来て

見ている方も嬉しくなっちゃいました。


あの小百合さんからのプレゼントは、32年間

ゆっくり旅を楽しむことがほとんど出来なかったであろうタモリさんの

労をねぎらう素敵なチョイスだな~と、そのセンスに感心しました。


32年間続けるということは健康な心身でなくては出来ないし、

スキャンダルが持ち上がれば出来ないし、

第一、人に好かれていなければ出来ないことです。


あと、とっても大事なことが昨日の放送を観ていてわかりました。

それは、人の話を聞ける...ということ。


さんまちゃんとのトークがすごく長くありましたが

ほとんどさんちゃんが喋ってタモリさんがニコニコ笑ってたまにチャチャを入れて。


キャスターの安藤優子さんが

「タモリさんの前だと不思議と喋りたくなっちゃって余計なことでも喋りそうになる」

と言っていました。

喋りのプロがそう言うんですからなるほどな~と納得しました。



タモリさんの聞く力が大きな友達の輪を作り上げたのでしょうね。

今、人の話を聞けて相手に自由に喋らせる司会者ってどれくらいいるでしょうか。

どんどん前に出て自分のキャラを押し出して行く人は、

その時々では需要があっても必ず飽きられ、

またどこか小さなほころびが現れると途端にバッシングが始まります。



本来目立つのが好きな立場の大物司会者が、

人の話をうんうんと聞いてあげて、若い芸能人たちに突っ込みをさせる愛情を

垣間見るのが日本人にとっては心地よいのではないかな~と思うのです。




タモリさんから学んだ一番大きなものは「聞く力」でした。





自分が中学1年の頃、登校中友達と

「今日一緒に帰ってくれるかな?」「いいとも~♪」

とやっていたのをすご~く憶えています。


直接聞きにくいことも「いいかな~?」に乗せると聞きやすかったりして

ちょっとしたコミュニケーションツールだったような。

テレフォンショッキングに吉川晃司が、チェッカーズが出るからと

録画して見たりしてね。いろいろ思い出があります。





昨日のレギュラー陣の感謝の言葉にはグッときましたね。

愛されていますね~タモリさん。


感動しているわたしを見て次男が

「これ、録画しといてあげる」と録画ボタンを押してくれました。

レギュラー陣の言葉は保存版ですね。

またしばらくして見返してみようと思います。





ほんわかタモリさんをこれからもずっと見ていたいですね。


タモリさん、ありがとう!

今後のご活躍に期待しています。

32年間、本当にお疲れ様でした。






  ++いつも応援ありがとうございます++
      にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ









関連記事

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2014/04/01 18:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuyoon.blog.fc2.com/tb.php/274-f61ddf18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。