FC2ブログ

しあわせのさがしかた

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

不愉快な気分になったTV番組  

こんにちは♪

今日は雨は一休みですが、蒸し暑いですね。
また夜には大雨かな...。
どしゃ降りではなくシトシトな梅雨が好きです。


さてさて。
タイトルにある不愉快な番組ですが、

それはおとといのTBS「アッコにおまかせ!」です。

ご覧になった方いますか?
もう開いた口が塞がらないとはこういうことだと思いました。


わたしは家にいる日は「噂の東京マガジン」を13時から観るのが
もう長年の楽しみなので、観忘れないように6チャンをアッコにおまかせから
入れておくことが多く、今回も観るわけでもなく付けっぱなしになっていての
理解度なので、わたしが番組の趣旨を理解していない上での
発言だとしたら、申し訳ないんですが...。

とにかく。

不愉快になりました!


今日、仕事から帰って来てコーヒーを片手にネットニュースを
見ていたらこの件で批判殺到というニュースが上がっていたので
思い出し怒りをしているところです、ハイ(笑)


内容は、出川さんの愛車のポルシェに子どもが落書きして、
シートにはドッグフードを置きそれを犬が食べ散らかすという、
なんとも低レベルな、そしていじめとも取れる見苦しいものでした。
出川さんがとても大切にしているポルシェが一瞬で見るも無残な姿に。

終いには女子アナまで落書きに加担し、出川さんの止めろの声も無視。

出川さんの立場ではそりゃいじられてナンボなんでしょう。



しかし、それを見せられる視聴者はどういう捉え方をするか、
そこのところは視聴者に丸投げでいいんでしょうか。

百歩譲って
放送する曜日・時間帯を考えてほしい。

日曜のお昼、子どもたちも目にする時間帯であることを
忘れないでほしいなと思うのです。


ちょっと話は飛びますが。

わたしはずーいぶん前、病院勤務だったころ、
病棟にカメラが入ったことがあります。
医療系のドキュメンタリー番組。

その時、マスコミに落胆した覚えがあります。
ほとんどが初めから作られたシナリオ通りに動かされて


これのどこがドキュメンタリーなんだ!!!



と放送後スタッフみんな怒ってました。



それから、TV番組をあまり信用し過ぎちゃダメだなと
思うようになりました。



ドキュメンタリーですらそうなんですから、
バラエティーに期待なんてそもそもしていませんけれど、
影響力があるからこそ最低限のモラルを持って、作ってほしいです。



しかし、どういう経緯であのようなイタズラをすることになったのか、
すごく疑問だし知りたい。

あんな低レベルなイタズラに正当な理由があるなら知りたいです。

あれで笑った人がどれだけいるんでしょうか。
引いた人がほとんどだと思うけどなぁ。。。


ただ面白そうだから!という理由だけだとしたら
それは制作スタッフの想像力の欠如でしょうね...。





++応援ありがとうございます++
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
ついつい怒りがこみ上げて語ってしまいました。
ネガティブな内容で申し訳ありません
聞いてくださってありがとうございました。





関連記事

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4

コメント

その番組、元々好きではないので見ていませんが、
充分想像はできます。
昔はテレビで言っていたことは間違いない的な思い込みを持っていた人が多かったと思いますが、
今では、テレビなんて当てにならないと思っている人が多くなりました。
それでもやっぱり、テレビの影響力というのは大きいものですよね。
結局作り手次第なんだと思います。
視聴者が声を上げなければ、作り手の質はますます落ちていくでしょう。
どこまでが演出でどこからがヤラセなのか、見方によっては微妙な部分もありますが、
民間・公共放送にかかわらず、強引な演出は多いです。
普段やっていないことを、作り手の都合だけでやらされたりとか。
そういう作り手の裏側をちょっとだけ知っていたりするので、
基本的にマスコミは信用していません。
マスコミの役割って何なんでしょうね。
そのことをちゃんと考えている制作者って、どのくらいいるんでしょう。
視聴者がもっと賢く選択していく必要があるのかもしれませんね。

URL | ecru #S2eFIt1.
2014/06/10 21:29 | edit

ゆよんさん、こんにちは。
私はその番組は見ていないのですが、最近のバラエティ番組には辟易することが多く、ゆよんさんの記事に思わず拍手を送りたくなりました。

確かに弱い立場、いじられ役の芸人さんを痛い目に遭わせたり、危険なことをさせて笑いをとる番組が増えたなあと感じています。特にベテランといわれる域にいる芸人さん・タレントさんの冠番組に多いような気がします。当の本人たちはすすんでそういう目に遭っているのかもしれませんが、見ているほうとしては心が痛んでひきつり笑いしかできません(-_-)誰かをいじめて笑いをとるお笑い番組はもう見たくないなーと思います。そういうのが「面白いこと」「笑えること」だと子どもたちに刷り込まれてしまうのもこわいなあと思います。

もちろん良質なお笑い番組もたくさんあるので、番組は選ばないといけないなあと実感しています。私が見たくなくても家族が見たがるときもあるし(特に夫・・・)。大晦日の「ガキ使」とかも私は実はすごく苦手(>_<)世の中ではすごく人気があるみたいですけどね。

ドキュメンタリーでも結構作られた世界なのですね。メディアの情報は全部をうのみにせず、自分で判断したり確認したりすることもこれからは必要なのかもしれませんね。

URL | ポン子 #-
2014/06/10 23:23 | edit

ecru さんへ

ecruさんのおっしゃる通りですね。
TV業界は今いろいろな問題に直面していますが、
当事者意識は決して高くはないですね。

あんな番組を作って「笑わせてやっている」というような
奢りさえ感じました。

見なければいいと思う方もいますが
TVは公共性のあるものですからひとりの大人として
許せないと単純に思いました。

強者からの弱者に対するいじめの構図に子どもと動物を巻き込むという
なんとも卑怯なやり方はナンセンス過ぎます。
それを見てどうやって笑えというのか疑問です。


記事にも書きましたが、TV取材を受けて感じたのは
こんなに都合よく編集されるものなんだ、
予定調和の起承転結で結果めでたしめでたしなんて
リアルな世界にはそんなに起こることじゃないということを
視聴者は知っているよ、
バカにするなよ、ということでした。

いつもはまたやってる、で済ませるのに
今回だけは今思い出すだけでも怒りが再燃してきそうです...

URL | ゆよん #-
2014/06/13 21:50 | edit

ポン子さんへ

>弱い立場、いじられ役の芸人さんを痛い目に遭わせたり、
>危険なことをさせて笑いをとる番組が増えたなあと感じています。
>そういうのが「面白いこと」「笑えること」だと子どもたちに
>刷り込まれてしまうのもこわいなあと思います。

本当におっしゃる通りですよね。
今回のは、強者が弱者をいじめるために自分では手を下さず
子どもと動物を利用したところが一番許せないところです。

映像として見てしまう子どもだけでなく演じる子どもにとって
も悪い影響を与えかねないものです。

視聴者はこんなことを平気で笑って見ていられると
制作者は思っているのでしょうかね。


わたしの職場がTV取材を受けたドキュメンタリーでは、
結果としての事実は曲げているわけではなかったのですが、
そこに至るまでの過程をドラマチックに仕立てようとする向きがありました。
そうしないと見ている方が面白くないってことでしょうね。
視聴率が一番大事なんでしょう。

それ以来、
ドキュメンタリーではホロッとするようなうまく出来たストーリーほど
アヤシイな、と斜めから見るようになりました。

困ったものですね。

URL | ゆよん #-
2014/06/13 22:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuyoon.blog.fc2.com/tb.php/298-301f396e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。